カメラ小僧るーしーず わーるど
カメラ小僧るーしーの撮った写真をご紹介します。
プロフィール

カメラ小僧るーしー

Author:カメラ小僧るーしー
自由気ままに様々な場所で興味を持ったものを被写体にしている超マイペース小僧です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫海道   福岡県 姫島






nekonomanaita 01


   玄界灘の荒風に揉まれながら思うのは、























nekonomanaita 02

  
   この身では、カモメのように潮流を読みとく猟師にはなれぬこと。























nekonomanaita 03


  かといって、トンビのように風を斬り、大空を舞うことも出来まいし、
 
  



























nekonomanaita 04

 
  四足(よつあし)で湾の石段を昇り下りしながら、青い空と海を見つめ、

  我が身のちっぽけさを感じずにはいられない。




























nekonomanaita 05


  たくましき雑草に覆われゆく獣道、何かに辿り着くだろうと歩んでも、
























nekonomanaita 07

 
   その先に待ち構えていたのは厳しい行き止まり。
























nekonomanaita 08


  舟を操り、海原を渡ることもできないこの身を嘆いても、






























nekonomanaita 10


   行き交う波にかき消される、その叫び。
























nekonomanaita 09

  


  その時、浜辺で石踏みをしていたあいつが教えてくれた。































nekonomanaita 12


  浜に横たわる丸い文鎮(ぶんちん)を。






























nekonomanaita 11


  それを見てようやく気づいた。
  
  波を受け止めることは出来る我が身だと。




































nekonomanaita 15


 
  その日から石枕を共にして修行積む。


























nekonomanaita 13


  この心にずっと宿り続けるは、砕けた波が放つ希望の光。































nekonomanaita 14


  明日の朝日を浴びれば三年になり、

  果てぬ大波に磨かれる玉石へとかわる。

  
  

スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。