カメラ小僧るーしーず わーるど
カメラ小僧るーしーの撮った写真をご紹介します。
プロフィール

カメラ小僧るーしー

Author:カメラ小僧るーしー
自由気ままに様々な場所で興味を持ったものを被写体にしている超マイペース小僧です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春もよう



harutoukarazi 01

 
    長いようで、短かった冬が暮れて、























harutoukarazi 02

   内角180度のトライアングルの名残雪が降りそそぎ、






















 
   




harutoukarazi 03

  
     その結晶が溶けながら光を放ち、春がゆっくりと明けてゆく…

























harutoukarazi 04

  
     花時計のアラームの音が鳴り出し始めると、


























harutoukarazi 06

 
    早起きの菜の花が目を覚まし、お日様に、「おはよう」 と告げる。


























harutoukarazi 07

   
    それを見たミツバチが、菜の花と季節の口づけをかわすころ、

































harutoukarazi 08

  
  砂漠のイルカも起き出して、止まっていた雲車(くもぐるま)をまわして店を開ける。





























harutoukarazi 09

  
   
     春の柔らかな雲をくるくると集めてつくる綿菓子が香りはじめると、




























harutoukarazi 10

   
    地面にもぐっていた桃色フォークの店の看板も飛び出して、































harutoukarazi 11

   
    川を泳いでいた鯉の客が我先にと、列をなす。




























harutoukarazi 12

  
   それを見た海はくすくすと小波の笑い声をあげて、






























harutoukarazi 13

    
    砂辺にちりめんの笑い皺(しわ)を残した。



























harutoukarazi 14


    それを眺めながら、背伸びの出来ない不器用な僕は、 






























harutoukarazi 15

  
   大根役者のような笑顔を満面にうかべて、




































harutoukarazi 16

   
   この胸の高鳴りで、春がどこへもゆかぬよう、精一杯ひきとめた。














     
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。