カメラ小僧るーしーず わーるど
カメラ小僧るーしーの撮った写真をご紹介します。
プロフィール

カメラ小僧るーしー

Author:カメラ小僧るーしー
自由気ままに様々な場所で興味を持ったものを被写体にしている超マイペース小僧です。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国のバー


gokurakuba01.jpg


   いつもは、上司に気を遣い、平身低頭でいる人も、





















gokurakuba02.jpg


  残業続きで、駅で洗顔する多忙な人も、





















gokurakuba03.jpg


  毎日、時間に追われてリレー人生を送っている人も、























gokurakuba04.jpg


  ふと、立ち止まり、自分の行き先を考えてしまう人も、



























gokurakuba05.jpg


  ほのかな明かりに身を寄せるサイに出迎えられて、この店に入れば、

























gokurakuba07.jpg

  
   心にまとった偽りの衣を脱ぎ捨てて、


























gokurakuba08.jpg


  一頭の裸心の象に戻る。
























gokurakuba09.jpg

 
    ここでは、ゴマをする必要もなければ、

























gokurakuba10.jpg


  接する相手によって多数の顔を使い分ける必要もない。
























gokurakuba11.jpg


  ただ、好きな楽器をその手に抱え、

























gokurakuba12.jpg

 
    神様とともに、陽気な曲を協奏しながら、

























gokurakuba14.jpg

 
   好みの酒を、浮かれた心で割ってみる。























gokurakuba13.jpg

  
  その酒を口に含めば、身は宙を舞うように軽くなり、

























gokurakuba15.jpg

  
  神様たちと蓮のダンスを踊りだす。
























gokurakuba16.jpg

 
   そのうちに、自分の背後に幸輪がさし、知恵の輪と象の小づちを手にしたならば、






















gokurakuba17.jpg

 
   己の身は一層、熟成を極め、心はよりまろやかになる。


























gokurakuba06.jpg


     希望が明日を照らすころ、




























gokurakuba18.jpg

 
    黄昏色の象が貴方をお見送り致します。




























gokurakuba19.jpg


  今夜もご来天ありがとうございました。

  またの、ご来天をお待ち申しあげております。




スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。